東京キリスト伝道館は世田谷にあるプロテスタント教会です

東京キリスト伝道館

教材・メッセージ

ホーム / 教材・メッセージ TOP / みことば配信

モバイルQT

『 人間の性質 』

The Book of Genesis 3:1-7

創世記 3章1節~7節
3:1 さて、神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。蛇は女に言った。「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」
3:2 女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。
3:3 しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。』と仰せになりました。」
3:4 そこで、蛇は女に言った。「あなたがたは決して死にません。
3:5 あなたがたがそれを食べるその時、あなたがたの目が開け、あなたがたが神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです。」
3:6 そこで女が見ると、その木は、まことに食べるのに良く、目に慕わしく、賢くするというその木はいかにも好ましかった。それで女はその実を取って食べ、いっしょにいた夫にも与えたので、夫も食べた。
3:7 このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った。そこで、彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。
御言葉の解釈
3:1 「蛇」=サタンが人間に罪を犯させ、神から引き離そうと企んだときにとった容姿。サタンが人間を誘惑するときには、まず神の命令の背後にある動機を疑うように勧めます。
3:4 サタンは神の動機と主権とを疑うように仕向けた後、人間の弱くなった心に嘘を信じるように勧めています。
考えてみよう
人間が神によって創造されたという証拠は数多くあります。人間には、実は進化論では説明できない神秘がたくさんありますが、良心があるということもその一つです。

良心とは、人間が正しいと思うことを行ない、間違っていると思うことをしてはいけないと思わせる心の働きのことです。ニュースなどで犯罪者が自首する話を耳にすることがありますが、それは良心の呵責に耐えられずに自首したという場合もあるでしょう。良心の呵責とは、悪いことをしたという罪悪感に責められ、押しつぶされるような苦しみです。そこから赦されたいと願う気持ちが、自ら罪を告白する行動を取らせるのでしょう。

人間以外の動物では、このようなことはありません。どれだけ利口な哺乳類であっても、裁判所を設置したり、食べ物を横取りしたことを反省してそれを返品したりというようなことは聞いたことがありません。このようなことをする動物は人間だけです。その理由は、神が特別に人間を神に似せて道徳的に創られたからです。

アダムは、神の命令に反するまでは、悪というものが何であるか理解していませんでした。神の命令に背いたことによって、初めて善と悪の存在に気づいたのです。アダムが食べてはいけないと命じられた木は「善悪の知識の木」と呼ばれ、その実を食べることによって良心も生まれました。

しかし、良心というものは信頼できない車のブレーキのようなものです。必要なときに利くこともあれば、まったく反応しないこともあります。そして、善悪の存在に対する知識があっても、その基準が何なのかを神から教わらなければ、実際に何が絶対的な善であり、何が絶対的悪なのかを見定めることはできません。

このような道徳観念を性質として持ち合わせている動物は、神によって特別に神に似せて創られた人間だけで、その善悪の基準も聖書を通して神から与えられています。しかし、聖書の言葉に触れたことのない人であっても、悪がよくないことであると理解しています。このことは、私たちを創造された神が善であることを静かに物語っているのです。
  1. 注1) 聖書本文は新改訳聖書[(c)新日本聖書刊行会]を使用しています。
  2. 注2) 聖書本文を除く全ての配信コンテンツは東京キリスト伝道館に帰属します。これらの情報の無断使用(修正、複製、送信など)はご遠慮下さい。
みことば配信登録方法
QRコード拡大
qt@dendoukan.jp上記メールアドレスに空メールを送信してください。
件名に0~24の数字を記入することで、配信時間を指定することができます。
例:夜7時(19時)に配信を希望する場合
【宛先】 qt@dendoukan.jp
【件名】 19
【本文】 入力なし
※データ受信料等は各自でご負担ください

ご意見・ご感想
メール配信に関するご意見、ご感想、ご質問等はこちらからお寄せ下さい。
お名前 (必須)
メールアドレス
ご意見・ご感想 (必須)

このページのトップへ戻る

Copyright © 2010-2018 dendoukan. All Rights Reserved.