東京キリスト伝道館は世田谷にあるプロテスタント教会です

東京キリスト伝道館

教材・メッセージ

ホーム / 教材・メッセージ TOP / みことば配信

モバイルQT

『 神の性質・神性 』

The Book of 1 John 4:7-12

第一ヨハネの手紙 4章7節~12節
4:7 愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。
4:8 愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。
4:9 神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
4:10 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
4:11 愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。
4:12 いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛し合うなら、神は私たちのうちにおられ、神の愛が私たちのうちに全うされるのです。
御言葉の解釈
-
考えてみよう
神は愛である、と聖書は教えています。それは、神が私たちのことをただ愛しく、大切に思っているということではありません。神ご自身が「愛の定義」であり、その存在自体が愛によって成り立っている、と聖書は言っています。

神は、三位一体の神です。それは神という一つの存在が、三つの神格(父・子・聖霊)によって成り立っているという真理です。そしてその三位一体の関係の中で、父なる神が子なる神を完全な愛で愛し、同様に子なる神が父なる神を愛していると聖書は教えています(参照ヨハネ17:24)。

そしてその愛は、神の似姿に創られた私たちにも注がれました。神が私たちを愛しているという一番明確な証拠は、私たちが罪によって神に背いていたときに、救い主としてキリストを与えてくださったということです(ヨハネ3:16)。また、「私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。」(ローマ8:32)と、神の愛が途切れることなく私たちに注がれると聖書は約束しているのです。

神が愛によって一致し、完全であるということは、神の似姿に創られた私たちも同じようにお互いが愛によって一致し満たされることで、完全になれるのです。そのため、私たちは誰に教わらなくとも愛されることを望み、愛が何よりも大事であると感じるのです。人間は愛されたいという望みを様々な形で満たそうとしますが、神の愛を受け入れるまで、完全に満たされることはありません。そして、私たちはその神の愛を、神の家族の中でお互いに示し合うことで満たされるようにと、神によって創られているのです。神が愛であるがゆえに、神の似姿として創られた私たちが隣人であるお互いを愛し合うことが求められているのです。
  1. 注1) 聖書本文は新改訳聖書[(c)新日本聖書刊行会]を使用しています。
  2. 注2) 聖書本文を除く全ての配信コンテンツは東京キリスト伝道館に帰属します。これらの情報の無断使用(修正、複製、送信など)はご遠慮下さい。
みことば配信登録方法
QRコード拡大
qt@dendoukan.jp上記メールアドレスに空メールを送信してください。
件名に0~24の数字を記入することで、配信時間を指定することができます。
例:夜7時(19時)に配信を希望する場合
【宛先】 qt@dendoukan.jp
【件名】 19
【本文】 入力なし
※データ受信料等は各自でご負担ください

ご意見・ご感想
メール配信に関するご意見、ご感想、ご質問等はこちらからお寄せ下さい。
お名前 (必須)
メールアドレス
ご意見・ご感想 (必須)

このページのトップへ戻る

Copyright © 2010-2018 dendoukan. All Rights Reserved.