東京キリスト伝道館は世田谷にあるプロテスタント教会です

東京キリスト伝道館

教材・メッセージ

ホーム / 教材・メッセージ TOP / みことば配信

モバイルQT

『 お金と聖書の世界観について 』

The Book of Matthew 22:15-22

マタイの福音書 22章15節~22節
22:15 そのころ、パリサイ人たちは出て来て、どのようにイエスをことばのわなにかけようかと相談した。
22:16 彼らはその弟子たちを、ヘロデ党の者たちといっしょにイエスのもとにやって、こう言わせた。「先生。私たちは、あなたが真実な方で、真理に基づいて神の道を教え、だれをもはばからない方だと存じています。あなたは、人の顔色を見られないからです。
22:17 それで、どう思われるのか言ってください。税金をカイザルに納めることは、律法にかなっていることでしょうか。かなっていないことでしょうか。」
22:18 イエスは彼らの悪意を知って言われた。「偽善者たち。なぜ、わたしをためすのか。
22:19 納め金にするお金をわたしに見せなさい。」そこで彼らは、デナリを一枚イエスのもとに持って来た。
22:20 そこで彼らに言われた。「これは、だれの肖像ですか。だれの銘ですか。」
22:21 彼らは、「カイザルのです。」と言った。そこで、イエスは言われた。「それなら、カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」
22:22 彼らは、これを聞いて驚嘆し、イエスを残して立ち去った。
御言葉の解釈
22:17 「カイザル」=当時のユダヤ人たちを支配していたローマ皇帝のこと。
考えてみよう
今日の聖書箇所に登場するパリサイ人とは、当時の聖書学者たちのことです。彼らは、自分たちの聖書知識を愛していて、多くの民衆がイエスに従うことに大きな不安と不満を抱いていました。そこで、彼らはイエスを言葉の罠にかけようと、「税金をカイザルに納めることは、律法にかなっていることでしょうか」と問いました。この質問の背景には、紛争の引き金になるほどの社会問題が含まれていました。

当時のユダヤ人社会では反ローマ感情が大きくなっており、自分を神だと名乗るローマ皇帝に税金を納めることは聖書的に間違っていると考える人たちが多くいました。そこで、イエスが「カイザルに税金を納めることは律法にかなっている」と答えれば、パリサイ人たちは「イエスは神よりもローマ皇帝の権威を認めている」と告発することができ、逆にイエスが「カイザルに税金を納める必要がない」と答えれば、カイザルの権威を否定する危険人物としてイエスをローマ政府に訴えることができたのです。

そのような悪意の含まれた質問ですが、その質問に対するイエスの答えの中には、私たちが学ぶべき点があります。イエスは、「カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい。」と言われました。当時の貨幣には、ローマ皇帝の肖像がありました。ですからイエスは、もしその硬貨がカイザルによってカイザルのために製造されたのであれば、それはカイザルに戻しなさいと言われたのです。

それでは、「神のものは、神に返しなさい」とは、どのような意味でしょうか。硬貨にローマ帝国のものであることを示すローマ皇帝の肖像があったように、私たちには神によって神のために創造されたことを示す神の肖像が一人一人に刻印されているということで、「私たちが神によって創られたのなら、私たち自身を神に戻すことが神の御心である」と教えられたのです。

神は、私たちから富を受けることについて関心を持っておられません。なぜなら、その富自体を与えてくださったのは神ご自身だからです。神が何よりも関心を持っておられるのは、神によって創られた私たち自身の心をその創造主に返すかどうかということです。

自身が主のものであることを理解している人たちは、自分の富を主のために用いますが、それを理解していない人たちは、どれほど教会にお金を捧げていたとしても心を捧げていないので、神に喜ばれることはありません。みなさんは、日々自分が誰に属しているかを意識して過ごしているでしょうか。
  1. 注1) 聖書本文は新改訳聖書[(c)新日本聖書刊行会]を使用しています。
  2. 注2) 聖書本文を除く全ての配信コンテンツは東京キリスト伝道館に帰属します。これらの情報の無断使用(修正、複製、送信など)はご遠慮下さい。
みことば配信登録方法
QRコード拡大
qt@dendoukan.jp上記メールアドレスに空メールを送信してください。
件名に0~24の数字を記入することで、配信時間を指定することができます。
例:夜7時(19時)に配信を希望する場合
【宛先】 qt@dendoukan.jp
【件名】 19
【本文】 入力なし
※データ受信料等は各自でご負担ください

ご意見・ご感想
メール配信に関するご意見、ご感想、ご質問等はこちらからお寄せ下さい。
お名前 (必須)
メールアドレス
ご意見・ご感想 (必須)

このページのトップへ戻る

Copyright © 2010-2018 dendoukan. All Rights Reserved.