東京キリスト伝道館は世田谷にあるプロテスタント教会です

東京キリスト伝道館

教材・メッセージ

ホーム / 教材・メッセージ TOP / みことば配信

モバイルQT

『 イエス・キリストについて 』

The Book of Matthew 28:16-20

マタイの福音書 28章16節~20節
28:16 しかし、十一人の弟子たちは、ガリラヤに行って、イエスの指示された山に登った。
28:17 そして、イエスにお会いしたとき、彼らは礼拝した。しかし、ある者は疑った。
28:18 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。
28:19 それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、
28:20 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」
御言葉の解釈
28:19,20 「行って...バプテスマを授け...教えなさい」というのは、「あらゆる国の人々を弟子にしなさい」という命令をどのように達成するかを示しています。「行って」ということは「この使命を受けた者は、誰かが自分のところに来るのを待つのではなく、積極的に出て行くことが求められている」ということです。また、ここで「父、子、聖霊の御名によって」と書かれていることで、三位一体の神の存在が表されています。
考えてみよう
イエスは復活された後、特別に選ばれた弟子たちに重要な使命を与えられました。それは、「彼らが行くあらゆる国の人々を弟子にする」ということでした。「弟子にする」とは、まだキリストを知らない人たちを、キリストの真理に相応しく生きる者と変えるということです。そして、そのゴールは、弟子となった人が成長し、次世代の弟子を育てるクリスチャンになるということでした。弟子たちは、この使命を真剣に受け止め、働きました。その結果、彼らの影響力は2000年たった今でも続いているのです。

今日の聖書箇所でイエスは、選ばれた弟子たちを励ますために「イエスご自身が神である」ということを再度確認させています。イエスは、「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなた方と共にいます」と言われました。これは、イエスがただ彼らに気持ちを寄せているということではなく、神が遍在しておられるように、弟子たちがどこに行ったとしてもイエスが必ず共にいてくださるという意味です。このようなことは、イエスが神でなければ言えないことです。

イエスが父なる神と同様に遍在という神性を持っているということは、イエスが十字架に架かられる前にも弟子たちに伝えていたことでした。イエスは、「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです」(マタイ18:20)と言われました。遍在という神性は、私たちにとってどういう意味をもつのでしょうか?「私たちがどこにいても、イエスが共にいてくださる」という事実は、「私たちがイエスの目から離れることはない」ということです。私たちが人に見捨てられ、孤独感を感じていたとしても、イエスは私たちと共にいてくださいます。また、誰も見ていないところで、私たちが信仰を行動に移したときも、共にいてくださるキリストがそれを見てくださっています。逆に、誰も見ていないところで、聖書の世界観に合わない行動をとってしまっても、同じようにイエスはそこにおられるのです。

どこにいてもイエスの目から逃れられないということはもちろんですが、イエスが遍在することで最も伝えたかったのは、「キリストがいつでも共にいるのであれば、キリストの約束と力が常に共にある」ということです。神の約束に信仰を持つ者は、キリストがその約束を必ず守ってくださるという保障があるので、どのような場所に置かれても、何も恐れる必要がないのです。
  1. 注1) 聖書本文は新改訳聖書[(c)新日本聖書刊行会]を使用しています。
  2. 注2) 聖書本文を除く全ての配信コンテンツは東京キリスト伝道館に帰属します。これらの情報の無断使用(修正、複製、送信など)はご遠慮下さい。
みことば配信登録方法
サーバー移行作業に伴い、現在配信しておりません。
当ページにてご確認をお願いいたします。

ご意見・ご感想
メール配信に関するご意見、ご感想、ご質問等はこちらからお寄せ下さい。
お名前 (必須)
メールアドレス
ご意見・ご感想 (必須)

このページのトップへ戻る

Copyright © 2010-2019 dendoukan. All Rights Reserved.