東京キリスト伝道館は世田谷にあるプロテスタント教会です

東京キリスト伝道館

お知らせ

ホーム / お知らせ TOP / ライフサポートプロジェクトのご報告

2011.07.03 (Sun)

ライフサポートプロジェクトのご報告

----------------
7/3更新
----------------

みなさまから集められた義援金のご報告をいたします。
ご献金いただいた金額は33万4300円となりました。
みなさまのご協力ありがとうございます。

この金額に、和明牧師の所属するアメリカの宣教団体 FIM(Fellowship Internatinal Mission)から、上限の30万が足され、総額で63万4300円という大きな金額となりました。

このうち、40万円をリバイバルフレンドシップの方々のライフサポート及び活動費としてお送りし、残りの23万4300円を、太平洋放送協会(PBA)へお送りすることになりました。

東北地方でのPBAの活動の95%は、東北地方の教会からのサポートで成り立っており、そのうちのほとんどの教会が津波で流されてしまったため、活動継続が困難となっています。
今回の義援金は、PBAの活動費及びそこで働いている方々のライフサポートとして送られます。

なお、プロジェクトはいったん終了させていただきますが、義援金は引き続き募っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。



----------------
5/29更新
----------------

支援物資の窓口となっているリバイバルフレンドシップの方々が、教会からの物資をはじめ、全国から送られてきた支援物資を仕分けし、同じように被災された方たちへ届けてくださっています。その方々は、今回の震災によって仕事をすることが出来ず、生活を送ることが困難な状況の中、この働きをされています。

私たちの教会では、そうした方々の生活をサポートするための献金を募り、お送りすることを決定しました。

また、この献金を募るにあたり、加藤和明牧師の所属するアメリカの宣教団体 FIM(Fellowship Internatinal Mission)から、上限30万として集まった献金額と同額の献金をすると、知らせが入りました。

つまり、寄せられた全ての献金が、2倍となって現地の方たちのライフサポートのために送られることになります。

現実的な被災地の方への生活をサポートすることが必要な時期となっていると思いますので、是非とも皆さまからの献金のご協力をお願いいたします。

献金方法は、直接教会で献金していただくか、下記銀行口座へのお振込みとなります。よろしくお願いいたします。

三井住友銀行 世田谷支店
(普)788-5185195
名義:東京基督伝道館

このページのトップへ戻る

Copyright © 2010-2017 dendoukan. All Rights Reserved.